So-net無料ブログ作成

5G基地局に信号機開放 [日常]

政府は、今月の閣議で、自治体が全国に設置している約20万基の交通信号機を国内通信4社に開放し、次世代通信規格「5G」の基地局とする戦略を決定することが明らかになったそうだ。
同時にITセンサーとして自治体は住民サービスに利用することも計画されている。

自治体の利用は災害時の情報収集や自動車の自動運転環境など様々。

携帯電話のアンテナ設置場所だが、現状、ビルの屋上はもう飽和状態だそうで、これから新たに地権者との交渉を行うのは相当困難なようだ。

そう考えると今回の信号機のアイデアは筋がいいと思う。
かつてのPHS電話は電柱を使ったアンテナ設置で普及させたが、その当時を思い出させる。
経費的にも桁が変わるほどの費用が削減できるような気がする。

2020年から複数の都市で実験を開始し、2023年度に全国展開を目指すそうだ。

しかし、肝心の5Gの基盤技術は中国のHUAWEIだったが、排除された後、どこが担当するのだろうか?

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感