So-net無料ブログ作成

ライオン・キング [日常]

先週、ライオン・キングがTVでノーカットで放送されるというので、本当に久しぶりに視聴した。
同名の劇もあるがこちらはアニメ。
何故今頃と思っていたが、どうも近々実写版の映画が公開されるので、その番宣なのだろう。
実写といっても、フルCGで実写を超えたので 超実写版 というそうだ。
予告編を拝見したが実によくできてる。
ディズニー映画 健在を感じる。

アニメ版は1994年製作なので、もう25年、四半世紀経つことになる。
その頃、私の息子、娘が幼稚園の頃だったので、情操教育にとディズニーアニメや映画のホームビデオをたくさん買い揃えて見せていた時期と重なる。
娘はライオン・キング、息子はグーニーズ がお気に入りだった。
たまたま、今回、娘が帰省中だったので一緒にオンエアを見ることにした。



三つ子の魂百まで、、とはよく言ったもので、すでに三十路をすぎた娘はストーリーの隅々まで鮮明に覚えている。
今回も、初めて見る時のように、食い入る様に見ていたのが印象的だった。
音楽や映像が人々に大きな影響を与える力を持っているのには頷ける。

日本がかつては鉄鋼、造船、自動車などの重工産業により戦後の経済を立て直そうとしたが、最近ではアニメやゲーム、日本食などのカルチャーが世界の若い人たちを日本に引きつけ、結果的に外貨獲得に貢献している。
数十年前から日本製のアニメやTV番組を日本政府の強力なサポートで海外へ輸出していたことが功を奏したと思うが、そのころの世界の子どもたちが大人になり、その生産地である日本を目指して訪日してくる様になった。
何事も地味な導入を継続して行えばそれなりの成果につながるのだろう。
継続は力なり。

さて、アニメの次は何だろう?
今この時期から並行して仕込み始めないと間に合わない。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント