So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

立春 [日常]

IMG_1786.jpg各地の節分行事のニュースが流れ始めた。
暦の上では、春になった。

先月だったか、いつもお世話になっている糸島酒造さんから、毎年立春に限定で生酒を作って、櫻井神社でお祓いを受けたものを用意しているというお話があったので、その場で2本予約しておいた。
私は、限定という言葉に弱いので、見事にツボを刺された。

その引き取りが2月4日の13:00以降(午前中はお祓いを受けるそうだ)ということだったので、寒い中(車の中は暖かいが)、受け取りに行った。



立春限定製造 無濾過生原酒 立春
ということで、今回初めてお目にかかる。
店には並ばないので今まで知る由もなかった。

まあ、今回は春の縁起物というつもりでいただいた。

無濾過で生の原酒なので、本当にできたままの原酒。
考えてみたら、このような状態でいただくのも希少価値(経験)。

味は、糸島酒造のDNAが芯にあり、生原酒の初々しさを感じさせるまずまずの出来。
春の糸島野菜などを肴にし、庭先に舞い散る粉雪を見ながら来るべき春を思い雪見酒。

近所には紅梅が咲き始めた。

日本の季節変化も最近乱れてきたが、四季のありがたさや文化の奥深さをしみじみ感じる今日この頃。


nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 9

コメント 2

LargeKzOh

 厳寒のこの頃ではありますが、歳のせいか春を迎える儀式は大切にしたい・・・との思いが強いです。
 当方行きつけの居酒屋主人が例年、東京都下造り酒屋のご紹介と同じ主旨の仕込みを数本仕入れていて、早く来ないか・・・との催促のメールです。
 これから出向きます・・・(^_^)
by LargeKzOh (2018-02-05 19:41) 

kan

そうですか、それはいいお話ですね。

何かと理由をつけて呑む意味に自分自身を納得させる日々が続いています。
by kan (2018-02-06 09:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント