So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の20件 | -

稀勢の里 [日常]

大相撲は子供の頃よく見ていたが、その後の数十年以上は特にオンタイムでテレビを見るようなこともなく、時々の状況をニュースで知る程度。

昨年の角界はいろんなスキャンダルが続き世間を賑わせていたのでそれなりのことしか知らないが、大相撲のニュースは話題に事欠かないようだ。

最近では、横綱 稀勢の里 の連敗。
昨年の秋場所千秋楽から7連敗と、横綱として 貴乃花 の記録と並んだ。

素人から見ても 稀勢の里 の相撲はやはり横綱の相撲には見えないし、毎回不安感が生じてくる。
横綱は土俵にいるだけで安定感と敵なしの強さを感じさせるものだが、稀勢の里にはそれが感じられない。
昨日は あの 逸ノ城 に投げられ土俵の真ん中にひっくり返った。
これはどう見ても横綱の相撲ではない。

どうしたのだろうか?
今日は初場所三日目。
このまま連敗記録が続くとその先どうするかを考えないといけないだろう。

nice!(5)  コメント(0) 

初レインボー [日常]

IMG_2614.jpg三連休中日、今日は晴れという天気予報だったが、早朝から雨が降っていた。
朝のお散歩も雨が止んでからにしようとゆっくり寝て、雨が上がっていつもより1時間半程度遅れて出発。

すると、なんということでしょう(ビフォーアフターのテーマ曲)、西の空にきれいな虹が、、、。
この時間この角度でよく虹が発生する

東の空(ちょうどこの写真を撮った時の背中)から明るい太陽の光が射すという格好の虹日和。
セオリー通り西の空にはきれいな虹が発生。
今回の虹の橋の着地点は九州大学の校舎。
きれいに肉眼で確認できる。

今年初のレインボー
よいことがありますように!!




nice!(8)  コメント(0) 

博多座 [日常]

IMG_2611.jpg本日は、博多座、、、ではなく、その前にある会社での打ち合わせ。
新年から博多座ではいろんな出し物が目白押しのようだ。
私は自慢ではないが、まだ一度も入ったことがない。

何か、興味ある出し物が来ないかと時々気をつけているのだが、なかなか機会がこない。

今年は是非 伺ってみたいものだ。

nice!(7)  コメント(0) 

気温と電力使用量の関係 [日常]

3年ほど前、我が国の電力自由化の波に乗って、電力会社との契約を見直し、我が家も経済的だと思われる契約に変更した。

その時に電気のメーターも新しい スマートメーター とやらに交換して1時間毎の電力使用量がわかるようになった。
測定された電力使用量のデータは刻々とで電力会社へ電波で送信されるため、検針のおじさんはまわってこなくなった。
おかげさまでというか、自宅の電気使用の状態はパソコンやスマホでどこからでもチェックできるようになったので、冬になって電気を使うシーズンになると頻繁にチェックするようになった。
 当然、電気をたくさん使用すると料金が発生する。
その数値データの変化を見ていると、その日々の気温と電気使用量には何らかの相関関係があるように見えてきた。

そこで気温からその日の使用電力が予測できるのではないかと、早速今までの電気使用量と気温変化の関係を関数化してみることにした。


更に、ためになる続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 

プロ囲碁棋士 [日常]

囲碁に史上最年少10歳の女流プロ棋士が誕生する。
仲邑菫(なかむら・すみれ)さん。
現在、小学生だが、4月1日付でプロ棋士として活動するとのこと。
素晴らしい。
今後もどんどん若い方々からプロ棋士が誕生するといいだろう。

プロ活動なので当然現金収入が伴うわけだが、レベルによって変わるらしいが、
大体、年間で 2~300万円 から 2~3000万円くらいの収入になるらしい。

これも才能や実力によって得られる対価であるわけで、まことに結構なことだと思う。

プロ棋士かぁ、、

いいなあ







nice!(5)  コメント(0) 

部分日食 [日常]

新年明けて1月6日の午前中 部分日食があったことをその後のニュースで知った。

な なんと、そのような案件を、、、私は知らなかった。
無念。


日食.jpgいつぞやの皆既日食や、なんとか流星群など、その都度事前に認知し、構えて見たものだったが、
今回は全く事前の情報を得ることができなかった。
なんとも不覚だった。

家人に聞くと、知っていたと言う。
なんでまた、私だけ知らなかったのか??

ウ〜〜む、
残念無念。

nice!(6)  コメント(0) 

山火事 [日常]

IMG_2600.jpg


昨年末30日だっただろうか、ノエルとの散歩中、公園の岬の海側が燃え出した。
船からの通報だったそうだが、すぐに消防車が来て消化活動が始まった。


更に、ためになる続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 

日の入り [日常]

IMG_2606.jpg先月の冬至も過ぎて1月5日。
年末年始に録画したTV番組を見ないと、この後見る時間が無くなると、このところビデオ鑑賞が続いている。
そんなことをしていると、ノエルが寄ってきて、お散歩の時間が来たと私の足を彼の前足で突っつき出す。
時計を見ると16時。
そうかそろそろお散歩に出ないと帰りが暗くなってしまう。

幸いにも、毎日少しづつだが日没の時間が遅くなり始めているので、お散歩スタート時刻もその分遅くなっていく。

いつものコースを覚えているのだろう、お互い無駄のない歩きをすることができる。

今日も、まだ明るいうちに帰れそうだ。
nice!(6)  コメント(0) 

放射冷却 [日常]

IMG_2605.jpg今朝は雲一つない快晴。
いい天気になった。
こんな日の夜明けは、雲がない分地表の温度はさえぎられることなく宇宙空間へそのまま放出されるため地表の気温がぐっと下がる。

ぐっと下がると、地表では霜が降ったりと特有の現象になる。



更に、ためになる続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 

年賀状 [日常]

正月もあっという間に3日になった。
もっとゆっくりしたいが時間は矢のように進んでいくようだ。

お節料理もそろそろいいかと思い始める頃、
いただいた年賀状を整理しながら皆さんの様子を思い浮かべている。

ここ数年の傾向だが、
本年をもって年賀状を遠慮させていただきますとか、
年賀状でのご挨拶をを卒業させていただきます。
などの文面が多くなってきた。

かつては遠距離でのコミュニケーションといえば手紙やハガキぐらいしかなかったため、
昨今のネットワークコミュニケーションの普及でそれらも過去のものになってしまうのだろう。
年始の挨拶もFBやLINE などのSNSで一括送信で完了という方々が増えてきた。
これも時代の流れなのだろう。
郵便局の社員に対する毎年の年賀状販売のノルマも激しくなってきたようだが、もう前年対比で伸びることにはならないので、別のビジネスモデルを早急に考えないと郵便局のビジネスはシュリンクしていくことだろう。

そういう私も来年の年賀状はどうしようか、、と考える年になりそうだ。





nice!(5)  コメント(0) 

謹賀新年 [日常]

IMG_2594.jpg新年あけましておめでとうございます。


本年もよろしくお願いいたします。

2019年 元旦

nice!(4)  コメント(5) 

ゆく年 [日常]

D6596D2E-BF78-4402-8C37-7631890F7B22.jpeg
今年最後の日の入り。

いつもと同じ現象なのだが、今日は特別の日。
とても意味のある光景に感じる。
明日から新年。
良い年になりますように。

nice!(4)  コメント(0) 

2018 US SUMO OPEN [日常]

先月、大相撲 九州場所は終わったが、今回は米国の SUMO.

アメリカで SUMO の興行?イベント?が開催されて、その模様がYOU TUBEに公開されていたので見てみたのだが、、これがなかなかおもしろい。

日本の相撲の基本はおさえているのだが、行司はレフリーの格好、力士のまわしはパンツをはいて、、、と、アメリカ風にアレンジされているため、似て非なるもの。
また、さすがに男女平等の国、男子の後に女子のSUMOもあり、見ていて、よりスポーツ、格闘技という方向性が強い。

しかし、これはこれで、米国内で進展すると面白いかも。



nice!(3)  コメント(0) 

あと2日 [日常]

IMG_2586.jpg今年も残すところ2日となった。
西高東低の真冬の典型的な気圧配置になったため、一日中低い気温のままで外に出ると空気が非常に冷たい。
朝夕のお散歩の時は、手袋がないと手がかじかんでしまいそうだ。
日中は雲が通り過ぎると青空で陽が燦燦と降り注ぐため、室内の窓際の陽だまりは最高のスィートスポットとなる。
しかもそのエリアは刻々と太陽の軌道移動とともに少しづつ移動していく。
ノエルは毎日の学習成果だろう、旨い具合に居場所を少しづつずらしている。
幸いにも冬至直後のため、太陽の高度が低く、リビングの奥の奥まで日が差し込んでくる。

そこに丸まって寝転んでいるノエルなのだが、果たして寒さに強いのか弱いのか、、。
確か犬は寒さには強いと思うのだが、やはり人と同様、より心地よい方向へ流されるのだろう。

「パパぁ、何をブツブツ言ってるでしゅか?  また、僕のことを言ってるでしゅね」


nice!(8)  コメント(0) 

オーバーツーリズム [日常]

今年最後の金曜日。
仕事も今日までの方々も多いのでは、、。

また、平成最後の師走となったが、あっという間の30年だった気がする。
来年はどんな年号になってどんな年になるだろうか?

以前、来日外国人の増加でランチタイムにも影響が出てきたという話を書いたが、諸外国の観光地など昔から人気のある町々でも同様の問題があるというニュースを見た。

インバウンド人口つまり観光などで来る外国人が、受け皿の街のインフラのキャパシティーを大きく超過して住民の生活に大きな支障が出ている状況を、 オーバーツーリズム と呼ぶらしい。
なるほど何処も同じ問題を大なり小なり抱えているのだなぁ。

京都では、道に外国人が溢れて、もともと古い町並みのままなので、交通渋滞やバス運送の飽和、食堂の飽和、商店街の飽和とマナーの乱れ、まあ、様々な問題が発生している。

イタリアのベネチアの港では、もうこれ以上街に来てくれるなと、クルーズ船が港に近づくと、住民たちが船を出し、そこからクルーズ船めがけて、「帰れ!!」と叫びながら放水するのが常態化しているとのこと。
よっぽど堪えているのだろう。

いずれ日本のどこかの街でも起きかねない現象かもしれない。




更に、ためになる続きを読む


nice!(9)  コメント(1) 

博多湾海苔 [食]

IMG_2583.jpg私が子供の頃から、博多湾にはかなり広いエリアで海苔の養殖のための竹の棒が並んでいた。

最近では、それこそ拙宅前の海域にその竹の棒が並んでいる。
規模は小さくなったが、現在も海苔の養殖は続いている。

自慢ではないが、いまだにその海苔を食べたことがなかった。
というか、あまりにも有明海の海苔が有名でシェアも大きいため、博多湾の海苔のことが脳裏に浮かばなかったのである。(シャレのつもりではない)

先日TVを見ていると、博多湾海苔のことが紹介されており、現在も全て手造りで出荷されているとのこと。
そうか、それは賞味しないといけないと、早速漁協まで(と言っても拙宅から車で1〜2分)行ってみた。

で、入手したのがこの写真の海苔。
昔懐かしの海苔だ。
使うときは、火であぶらなければならない。
味付け海苔や海苔の佃煮もあったが、博多湾海苔の本当の味を確かめなければとこの海苔をゲット。



更に、ためになる続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 

クリスマスの朝 [日常]

IMG_2578.jpg北日本では寒波で雪が降っているとお天気お姉さんが説明していた。

今日はクリスマス、ノエルと朝のお散歩だが、午前7:30頃、まだ太陽が見えない。
西の空には大きな月が見えている。

明日はツリーや電飾を片付けて、お正月の飾りつけの用意をしなければならない。
外国ではこんなにあわただしいことはないのだろう。
日本の師走からクリスマス、、年末年始の風情の変わりようは、世界的にもかなりユニークなのではないだろうか?

今日は、雲一つない いいお天気になりそうだ。


< 写真は 午前7:30 の西の空 >


nice!(6)  コメント(0) 

冬至 [日常]

IMG_2572.jpg今日は12月24日 クリスマスイブ。
もうそろそろ冬至だなあと思って調べてみると、なんと今年は22日(土)07:23だった。
おっと、もうすでに夜の時間が短くなり始めている。

昨夜あたりが満月だったのか、今朝は満月を西の空に見ながらノエルとの朝のお散歩に出かけた。
まだ薄暗かったが、これからだんだん日の出も早くなるので、気分的にはいい感じになりそうだ。

満月なので、海は大潮、夕方には大きく潮が引いて、ぐ〜〜っと砂浜が広くなっている。
昨夜インドネシアでは火山の噴火で津波が発生した。
大潮で海面が最高に満ちて高潮状態でもあったのだろう、人的被害が大きいようだ。

この写真は、夕暮れ 日没時の西の空。
画面右が北側、左が南側。
太陽が一年で一番(2日ずれたが)南(左)側に沈むポイント。
これから少しずつ右側へずれていき、6月の夏至の頃最北端(右側)に沈む。
来年6月に写真をとればその移動量が比較できるだろう。

明日はクリスマス。
雪は降らないだろうから、実感がわかない。
北国のホワイトクリスマスが羨ましい。


nice!(7)  コメント(0) 

ヨットハーバーのイルミネーション [日常]

IMG_2564.jpgこれも毎年恒例になったが、このシーズン、ヨットに電飾を施したイルミネーションを見せるイベントが行われている。

夕方のお散歩帰りには、いつも見ながら歩いているのだが、最近はカメラを持った方々があちこちから来られているようで、少々賑やかになる時期でもある。

更に、ためになる続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 

屋台で 一献 [日常]

IMG_2550.jpgもう何年ぶりだろうか??
学生時代は毎晩のように通っていたが、卒業後は東京での生活が長かったためほとんどご無沙汰していた博多の屋台。
忘年の宴席後、次の店へ行こうと連れてこられたのがここだった。
焼きラーメンや明太玉子焼き、チャイニーズナポリに牛タン、おでん、、。
なんだか、ちょっと油断していた隙に様変わりしていたようだ。
そういえば、イタリアンやフレンチ、カクテルなど屋台も専門化してきたとは聞いていたが、、。


更に、ためになる続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
前の20件 | -