So-net無料ブログ作成
検索選択

フン害 [HAM]

首振りフクロウ.jpg暦の上ではすでに立春を過ぎ、春になったのだが、実際にはまだ寒い。
とは言いつつ、このところ拙宅の庭でも鳥たちのさえずりがよく聞こえるようになった。

海に近いせいもあるのか季節によっては渡り鳥もやってくる。
先日は、リビングの大きな窓ガラスにメジロがぶつかってきて大きな音を立てていた。
どういうことなのだろうか?
餌をくれということかと判断し、庭の木々の枝にみかんの輪切りを刺しておくと、たくさんのメジロ達が集まって突っつき出した。
微笑ましい。

同じ鳥類でも、朝夕近くの公園の森からカラスが飛んできて、私のアンテナタワー(地上高20m程度)の先端で一休みする様子が見受けられる。
そのついでにか、フンを落として飛び去るようで、こちらはいい迷惑だ。

お隣の佐賀に若い女性鷹匠がいて、鷹を使って追っ払う仕事を受けているのは知っているが、それもその時だけではないかと思い、発注には腰が上がらない。

そこで色々調べると、、



更に、ためになる続きを読む


PC買い替え [HAM]

DSC_2796.jpg無線機のコントロール、デジタル通信、画像通信、無線業務日誌等で専用に使っていたノートブックパソコンが昇天した。

息子からのお下がりを十数年間、OSを変えたり、メモリーを増設したりとだましだまし使っていたが、とうとうハードウェア(電源系)の調子が悪くなり昇天した。
データはハードディスクを取り出して吸い出した。

次のPCをどうしようかと模索していたところ、丁度私のニーズにぴったりのものがアマゾンで見つかったため、衝動的にプチッとクリックしてしまった。

そのPCが即日到着。
ノエルが見守る中、開封の儀と相成った。



更に、ためになる続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Ham radio Fukuoka [HAM]

今朝は未明の2時からこのブログが置かれているSo-netのハードウェアメンテナンスが行われたため、その間2〜3時間、全機能が停止した。

今朝から、メンテナンス後の運用ということになるのだが、果たして利用感は変わっただろうか?

話はゴロッと変わるが、
2〜3日前、スウェーデンのアマチュア無線家からメールが来た。



更に、ためになる続きを読む


海外移住 [HAM]

DSC_2587.jpg土日は空いた時間ができると無線室に入りお空(電離層)の様子を観察しながら無線機のダイヤルをぐるぐる回す、、
私にとっての至極の時。

いつもは北西から北東方面を向いているアンテナをぐるりと南西方向へ回していると、強力な信号が入ってきた。
フィリピン マニラ空港近くにお住まいの日本人 Iさんからの電波だった。
今回初めての交信であったが、マニラから電波を出す経緯をお聞きすると15年前に大阪からマニラへ移住し、4年前から無線を始めたとのこと。
もっぱら、日本との交信がメインらしい。

フィリピンでは、もうずいぶん前から複数の日本の方が電波を出されてり、ほとんどがリタイア後に日本から移住した方が多い。

このような方々の一人、Tさんとは、10年以上前から交信が続いているが、ここ数年声を聞いていない。
このことをIさんに尋ねてみると、日本人社会の情報はやはりご存知で、Tさんが今年体を壊して入院したマニラの病院にお見舞いにも行ったが、最近自宅へ戻って療養中とのことだった。

生身の人間、永遠に健康であり続けることはできなく、いつかは、このような局面にぶちあたる。
健康な体の時の海外移住は夢に満ちたものに違いない。

一人で移住した方は、最期に関してはそれなりの覚悟をもたれているだろうが、
夫婦二人で移住して、どちらかが一人になった時、残された方は次のステップをどのように進むのか、、、、
など、世界中からいろいろな人間模様が伝わって来る。

こんなことを考えるようになってきた自分もそのような歳になってきたということなのか、、


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

気まぐれ台風 [HAM]

DSC_2572.jpg日曜日、台風12号が進路を変えて北上するというので、無線のアンテナを下げてみることにした。

このような事態に備えてアンテナを上げ下げするエレベーターを装備しておいた。
とはいうものの、福岡はほとんど台風が通過しないのでさほどの脅威はなかったが、今回の台風は出生の時から妙な動きをしているため少々気にはなっていた。



更に、ためになる続きを読む


カリブ海 ナバッサ島 (K1N) [HAM]

DSC_2513.jpg2月に交信したカリブ海に浮かぶナバッサ島のK1N
からのQSLカードが届いた。

自然保護のため上陸が制限されているため、次回の上陸許可は10年後以降ではないかと言われている。
つまりは、向こう10年間はこのQSLカードを入手できないということになる。

ちなみに、この島は、ハイチも領有権を主張しているが、米国が実効支配している。
(日本近海にも似たような話があるなあ、、)




更に、ためになる続きを読む


日曜の朝 [HAM]

DSC_2407.jpg日曜日はなぜか朝早く目覚めてしまう。
なんだか幼稚園生のようだが、眼が覚めるから仕方がない。

日頃出来ない早朝の無線でも楽しもうと、無線機のスイッチを入れてみるとヨーロッパがガンガン聞こえている。
イギリス ウェールズの局が出ていたので、お声がけ。
先方は、アンテナをNorth pole(北極)方向へ向けているというので、こちらもそのようにして交信開始。



更に、ためになる続きを読む


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台風6号 ノウル [HAM]

DSC_2392.jpg台風6号が通過していった。
この時期に台風が発生すること自体いままでにあまりなかったが、だんだんと地球の気象も変化しているのだろう。

6号の名前は ノウル(Noul) 
うちのワンコは ノエル 似ているようだが、少々違う。

台風に名前を付けだしたのは、2000年かららしいが、調べてみると面白い。



更に、ためになる続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

QSLカード from アフリカ(50MHz) [HAM]

DSC_2379.jpg先日、50MHzで交信したアフリカ モーリシャス共和国の局からのQSLカードが送られてきた。

今回は、OQRS(Online QSLcard Request System)という、PayPalで切手代を支払うと、すぐに航空便で送られてくるというシステムを初めて利用してみた。

ウェブで申し込んで1週間程度だっただろうか、あっけなく手元へ届いた。
今までの返信用封筒(SASE: Self Addressed Sending Envelope)にIRC(国際返信切手)同封はなんだったのだろうか、、と時代の流れに感激。

南洋の島々 [HAM]

週末は雨になったので、アウトドアでの遊びもできず、久しぶりに無線小屋からオンエア。

上空の電離層も初夏の兆しが見え隠れし出した。
50MHzで遠距離伝搬が頻発して面白くなってきた。



更に、ためになる続きを読む


電離層は春の兆し [HAM]

ここ数日は北極から強い寒気団が下がってきて西日本各地で雪が降ったりしたが、上空の大気圏外の電離層界隈では春の様相を呈してきた。

ここ数週間VHF帯(50MHz)での長距離伝搬が発生するようになってきた。
地震の前兆?ということも考えられないわけではないが、この様子は通常の季節変化のように思われる。
先週は北米、中南米、今週は中近東あたりも聞こえ出した。

昨夕は帰宅後50MHzを聞いていると海外局が聞こえ出したのでアンテナを回して探ると真南方向。
比較的近距離であるミンダナオ島とボルネオ等からの信号だった。
アンテナ(7ele)とリニアアンプ(1KW)のテストも兼ねて呼んでみると一発で応答があり、こちらの信号のレポートを聞くと59+20dBで受信できているとのこと。
こちらのシステムが正常に動作していることを確認。

因みに、ボルネオ局のJhonとは8年ぶりの交信で今回で3回目であることがわかり、昔話でロングラグチュウ(長話)となってしまった。
お互いに年をとったっということ、無線設備やアンテナ設備がグレードアップしたこと、などなど盛り上がる。
数年前福岡にも乗り継ぎで来たことがあったそうで、次回来日の折には会おうということにした。

まだ、寒さが少々残る地上だが、高層の電離層では春に突入したようだ。


西日本ハムフェア [HAM]

DSC_2228.jpg昨年は引越しの日と重なり、行けなかった西日本ハムフェア。
東京で開催されるハムフェアには30数年毎年行っていたが、西日本のそれには未だに一回も行ったことがないため、どのような感じなのか行って見たかった。

写真は9時の開場を待つ西日本各地から集まったアマチュア無線家(ハム)達。


更に、ためになる続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

K1N [HAM]

今朝は風もなく気温もそこそこ、ノエルとの朝のお散歩もすがすがしい。

帰宅して、無線機のスイッチを入れるとワンワンと非常に多くの局が叫んでいて物々しい煩さ。
周波数は28MHz、よくよく、聞いて探ってみると最近話題の K1N が聞こえてきた。

ご存じない方のために、 K1N とは、、、、

自然保護のため上陸が制限されている、カリブ海の米領ナバサ島(Navassa Island、KP1)から、「K1N」のコールサインで22年ぶりにDXペディションが行われる予定だ。同島を管理する米国魚類野生動物局(USFWS)は、今後少なくとも10年間は別の運用を許可しないと見られ、今回は貴重なチャンスとなる。すでにDXペディションチームは同島へ向けて出発したが、正式な上陸日や運用開始日は直前に気象条件などを加味して最終決定される。1月26日現在では「2月1日から14日まで」という情報が有力だ。
(アマチュア無線総合サイト hamlife.jpより)






更に、ためになる続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三連休 [HAM]

DSC_2119.jpg正月休み後初の三連休。

アンテナの調子を試す良い機会なのだが、雑用も多くなかなか十分な時間が取れない。
日中は外出する用件が多く、運用は結果的に早朝か深夜になってしまう。

電波の伝搬は季節や時間帯、太陽黒点の変化による電離層の反射率の変化によって生き物のように刻々と変化するため、本来であれば終日実験したいところ。


更に、ためになる続きを読む


三重シールド同軸ケーブル [HAM]

DSC_2063.jpg今回のアンテナ新設に向けて数年前から準備していたのが、この三重シールド同軸ケーブル。

市販の同軸ケーブルでも一応は使えるが、ケーブル長が長くなるとケーブル自体からの送信電波の不要輻射や外部からの外来ノイズ受信がどうしても発生してしまう。

そこで、仲間内でカスタムメイドの同軸ケーブルを作成したのが、これ。
ケーブルメーカーでは老舗の株式会社フジクラ(かつての藤倉電線)で特注でつくってもらった。
確か1000m位?つくってもらい、仲間でシェアする形をとった。
私は12〜13万円位支払い50mわけてもらった。

中心に8D2V同等のケーブルが入っており、その外部をさらに網線のシールド層2層でシールドし、合成樹脂の被覆で仕上げるというもの。
大きさ的には12D2V程度になるかもしれない。
このシールドで外部からのノイズを遮断する。


更に、ためになる続きを読む


無線小屋に アンテナタワー 建塔 [HAM]

DSCN2472.jpg今年3月、無線小屋が完成したが、肝心のアンテナ工事が未完成のままだった。
夏は暑いので気候の良くなる秋に行おう、、と、たかをくくっていた。
春先に業者に連絡するとなんと年内にできれば、、という回答。
なんでも、かつてのラジオ少年たちが現役引退の時期を迎え、ふたたび無線を復活させるケースが非常に多くなったそうで、昨年までは月に1本程度のタワー工事だったのが、このところ月に2本建塔のペースになったそうで、工事期間を考えるとほぼ毎日工事や調整をおこなっている計算になり合点が行く。

というわけで、春先に打ち合わせした工事が師走になって開始された。
まずは、穴掘り建柱車で庭先に丸い穴を掘る。



更に、ためになる続きを読む


買ってしまった [HAM]

DSC_1831.jpg無線機メーカー アイコム(株)の50周年を記念して、記念モデルID-51が発売された。
ブラック、ホワイト、ライム、ターコイズ、レッドの5色のカラーバリエーション。
無線機では珍しい。
各色1000台づつで全世界限定5000台。

この限定に弱い。
しかも、機能も通常モデルからプラスされている。


更に、ためになる続きを読む


無線局再免許申請 [HAM]

自動車運転免許証の更新は通常3年(優良は5年)。
無線局の免許は通常5年。(無線従事者免許証は終身有効:更新不要)
今年、我が無線局の更新の年になった。
移動局(50W)と固定局(1KW)の2つの無線局を更新することになる。



更に、ためになる続きを読む


吸盤アンテナ [HAM]

DSC_1591.jpg旅行や出張時の滞在先で無線をするときのアンテナとして、この吸盤付きアンテナを愛用している。
最近の高層ホテルは窓は空かないので、部屋側にペタッと吸盤で取り付けて利用している。
地上高が高いので、都心でも快適な通信が可能だ。

本日は、日本橋のデジタルレピータを介して、福岡の若杉山レピータへ接続して仲間と交信。

今宵も楽しい夜が更けていく。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

非音声コミュニケーション [HAM]

数年前、石垣島に別宅無線室をつくり東京から週末や長期休暇時に移動してアマチュア無線をしていた仲間の声が最近聞こえなくなった。
石垣島では空中線電力1KWでのびのび楽しんでおられた。

私も同様のライフスタイルでアマチュア無線を楽しむために、もう十年以上東京と福岡の無線小屋を行き来していたので、その方のことが気がかりになり調べたところ、なんと昨年、喉頭がんの手術で声帯を全摘出されていたことがわかった。

どうりで声が聞こえなくなったわけだ。



続きを読む