So-net無料ブログ作成
検索選択

鴻臚館 こうろかん [日常]

IMG_1007.jpg西暦600年代後半ころから、唐からの使者や唐への遣唐使たちが出入国するときに利用した迎賓館が鴻臚館と呼ばれていた。ここにあった平和台球場がヤフードムができたため更地になるときに鴻臚館跡が発見されたため、復元された。


IMG_1006.jpg中央区のど真ん中に広大な空間が出現したことになるが、それはそれで、おとなりの大濠公園、そして福岡城舞鶴公園とつながって、セントラルパークのような市民憩いの公園ができて非常に良かった。
さらにおとなりの福岡高等裁判所が近々移転するので、そうなるとその都心の空間としては広大なものになる。
この茶色い通路のようなものは鴻臚館があったころの城壁や城門の跡。
当時、門の外はすぐ博多湾。
船着場になっていて、海外から寄港した船が停泊していた場所になる。

そんな時代から千数百年、周辺とのコントラストが時代の流れを感じさせる。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。