So-net無料ブログ作成

ブーベ島 [HAM]

DK_2.jpg南アフリカの南方、南極大陸との間 南氷洋に浮かぶ孤島 ブーベ。

来年1月、ここへ20名のアマチュア無線家が上陸して 3Y0Z のコールサインで電波を出す。
日本人も参加が決定。
日本向けに見通しのいい場所にアンテナを設置するそうなので、前回のペディション時よりは強い信号が届くはず。



Bouvet_JA.jpgこのプロジェクトを実行するために61万ドルの費用がかかるため、参加者が半分負担し残額は寄付で賄うとのこと。
そのため、下記のメッセージが添えられた寄付受付のウェブの案内が来たため、ここで紹介しておく。


ブーベ島と日本

ブーベ島は南緯54度25分、東経3度22分、日本からの距離約1万6,000キロのところに位置しています。島の97%の約50平方キロメートルは氷に覆われています。氷と切り立った断崖、高い波や厳しい気候、流氷に囲まれたその場所に人影はありません。過去のいつくかのDXペディションは島の東海岸より実施されましたが、日本向けショートパスには最適なロケーションとは言えませんでした。そのため、チームはブーベ島の北東の海抜200m地点を運用場所として選定しました。日本へのショートパス方向は102度で、日本へは何の障害物もありません。島の中では日本向けロケーションとしては最高の場所です。多くの日本局が私たちとの交信を望んでいることを、チーム全員が理解しています。チーム全員、日本局と可能な限り多く交信することに対し、あらゆる努力を払うことを惜しみません。可能な限り多バンド・モードを運用し、ローバンドでも強力な電波を送るつもりです。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0