So-net無料ブログ作成
検索選択

きた〜〜っ 無線局免許状 [HAM]

免許封筒.jpg今まで、デジタル通信は、若杉山にある」デジタルレピータを利用させていただいているが、10Km以上離れているため、ビルの陰や建物の陰にいるとどうしても電波が弱くなり通信が途切れてしまう傾向にあった。
そこで、自宅にD-Star (デジタル通信)のアクセスポイントを作ろうと新しい無線局(社団局)の申請を行っていたが、昨日許可されて免許状が送られてきた。

昨今の政府機関や行政機関の電子申請化のおかげで今まで紙に書いて申請していたものが不要になり、その処理時間も飛躍的に早くなったのは喜ばしい。

結局、紙が残ったのはこのような免許状のみになったので、宅配便や郵便でやり取りせざるを得ない。

ライセンス.jpg以前は切手を貼った返信用封筒を送っていたが、最近は着払いになるが総務省総合通信局から送ってもらうサービスが始まった。
どんなものかとそちらを選んで申請したのだが、思いの外早くスムーズに届けられた。
総務省から審査終了のメールが来たかと思えばその数時間後にこれが届いた。
しかも、九州総合通信局の免許なのだが、東京の総務省から送られて来た。
ということは、審査終了というメールを出す前にすでに免許状は我が家向けにすでに発送されていたことになる。
免許状が届く頃にメールで知らせるとは、なんとも粋な計らいだろうか。
ちょっとしたことなのだが、
一昔前の役所の仕事から考えられないサービス向上だ。

こちらの宛先等は申請時にデータになっているのでそれを使っているし、免許内容もデータ化されているので総務省内であればどこでも印刷できるのだろう。
そうなると配送業者へ一箇所で一括して依頼できるので運送コストは安くなるし、地方総合通信局の発送にかかる人手もいらなくなる。
データ化による大きなメリットだろう。
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。