So-net無料ブログ作成
検索選択

長友啓典さん [日常]

私が社会人になった年から非常にお世話になったアートディレクターの長友啓典さんの訃報に昨日接した。
この3月4日に77歳で亡くなられた。

私が大学を卒業し、上京前に福岡の知人から紹介されていた黒田征太郎さんと長友さんの会社 K2 を就職直後に訪れて以来、長友さんとは親しくさせていただいていた。



当時は雑誌GOROの表紙や日本航空の広告を始め当時のトレンドをいくアートディレクションをされていた。
私は就職先の宣伝部の新人だったので、K2 へよく遊びにいき、目をみはる生の現場の臨場感を体感させていただくのが嬉しかった。
K2は六本木にあったので、まだ若造であった私もいろんなお店も知ることができた。
私は上京直後ということもあり、独身でもあったので、土日ともなると長友夫妻が優しく、モダンな三田アパートメントのご自宅に招待していただいた。
私にとってはまだ見知らぬ街であった東京で綺麗な奥様も交えてアットホームな時間を過ごすことができたのは本当に嬉しかった。
それ以来週末には長友邸で勝手に冷蔵庫を開けて舶来のビールを飲んだりと随分無礼なことをしていたなあと、今更ながら反省している。

東京と福岡の行き来で利用しているANAの機内誌「翼の王国」で全国各地の美味しい食べ物を紹介する見開きのコーナーを担当されていたが、同じ食べ物でも長友さんのイラストと文章で紡ぎ出される世界に毎月接するたびにいつも私の心はホッとさせられていた。

最後にお会いしたのは長友さんがディレクションしていた 宮沢りえさん が経営する六本木のお店でだった。
りえさんも紹介していただき楽しい時間を過ごした。
ブログ作成用がメインのフェラーリデザイン真っ赤な携帯を自慢げに見せながら、
「どや、かっこええやろ、、」と
長友さんの大阪弁訛りのお声と会話が今でも脳裏に浮かぶ。

その後、体を壊され入院手術、しばらく静養されていたが元気になられて仕事も再開、私も安心していた矢先の訃報。
これには驚いた。

お世話になった大事な方々が時の流れに流れるようにポツリポツリと少なくなっていくにつれこの世の諸行無常を感じさせられてしまう。

長友さんのご冥福を、、、。

合掌、、。



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0