So-net無料ブログ作成
検索選択

太宰府天満宮 [日常]

IMG_0429.JPG九州国立博物館へ行ったついでに、天満宮へ詣でた。
元旦でもないのに大勢の人出。
その大半が中国人と韓国人、一部タイ人とネパール人。
時代の変化を肌で感じる。
私が子供の頃の天満宮の感じと非常に大きくかけ離れ、かつての趣はない。

相変わらずなのは社殿と飛梅。


IMG_0421.JPG紅梅は未だ蕾。
2月になると満開になって綺麗なのだが、その前の蕾の時期も潜在的な生命力を感じさせるので、それなりに良い。



IMG_0420.JPG参詣道に数年前にできたスターバックス。
市街地内の店舗と違って、和風を醸し出すデザインだ。
上の梅の写真のように梅の枝をモチーフにしたような気もしないでもない。

この店舗の設計は、あの2020年東京オリンピック国立競技場を設計した、隈研吾氏。
いろんな仕事をしているんだなあ。

往復の電車内は中国人の家族づれや韓国人の旅行者だらけ。
かつてからは考えられないが、赤ちゃんをベビーカーに乗せた中国人夫婦もいた。

参詣道も含めて、時代の流れが蠢(うごめ)く太宰府天満宮になってしまった。

これは市当局や国が目指している方向性。
インバウンド増加策をこれからも積極的に推進していくわけなので、さらにこの方向性は顕著になるだろう。

どこまでいくのか Cool Japan.

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。