So-net無料ブログ作成
検索選択

桜の寿命 [日常]

今でこそ、東京をはじめ日本各地の桜は毎春楽しませてくれるが、私が小さい時はこれほど桜の木は多くはなかった気がする。

特に東京は、1964年の東京オリンピックに合わせて桜が各所に植えられた。
桜の寿命は60年程度だと聞いているので、1960年位からとすると、そこから60年後というと2020年。

桜にも個体差があるだろうから、早いものはそろそろ幹が死んだり、枝が落ちたりしだす頃だ。

都内各所の桜並木もそのような傾向だろう。

足立区では、簡単な告知をしてそのような桜の木(足立区が所有者)の伐採をはじめた。
JRの線路や道路に枝が落ちたりして危険だからだそうだ。
住民は伐採反対の署名運動を行っているが、難しい問題だ。

生き物には寿命がある。
ある自治体では桜基金と称して住民から寄付を募って、新しい桜の木の植樹を行っているところがある。

このような形が正しい姿のような気がするが、、。

いずれにせよ、これから全国的に桜の老木が課題になるのは必須だ。

早いとこ動き出さなければならない。


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0