So-net無料ブログ作成

FPV [HAM]

First Person View 一人称視点 とでも訳せばいいのか?
要は主観移動の映像を見ながら飛行物をコントロールすること。

最近では ドローンに小型TVカメラを載せて、操縦者はヘッドマウントのモニターを見ながらコントロールするレースなどが人気を呼んでいる。
主観移動なので臨場感も増す。

飛行体に乗せたカメラの信号は送信機から電波(5.6GHz)で操縦者のヘッドマウントディスプレイに届く。
カメラからの電波は高出力のものになるので当然免許が必要とされる。
現在、総務省認可で許可されるが、アマチュア無線の免許が必要。
飛行体が法律上は上空移動の移動無線局となる。


このところ、無線仲間でFPVを始める者も多くなった。
私も、こうやって興味が出てきた一人。

飛ばしてみたいなあ、、、、。








最近はかなりのブームになってきたので、多数の映像がアップされている。

ハイビジョン画質でも撮影可能なのでTV番組などでもよく見かけるようになった。




そうこうしているううちに、プロペラではなく、羽根の羽ばたきで飛ぶものが現れだした。

これはこれなりに面白い。
ついに羽根の世界までもコントロールできるようになったということか。


nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0