So-net無料ブログ作成
検索選択

列車で上京 [日常]

1月14日 成人の日で今日は全国的に祭日。
土曜日から数えると三連休となるので全国あちこちで移動が発生しているはず。

例に漏れず小生も、福岡から上京する日となった。

福岡はいいお天気。
今日もいいフライトになるなあ、、と空港へ向かい、いつものようにお昼の便に搭乗した。
が予想だにしない展開となった。
搭乗してシートベルトをしスタンバっているのだが一向に飛行機は動かない。

羽田空港が積雪で使えないとのアナウンス。
先発機は東京上空を旋回し続けて着陸できないとのこと。
従って、出発の許可がおりないらしい。




1時間半くらい機内で待ったろうか、本来なら羽田に着いている時間。
キャンディーをもらい、機内オーディオを聞いていたが、もう一巡した。
しばらくすると、この便以降すべての羽田行きが欠航になったとのアナウンス。
機内はため息まじりの反応だった。

欠航になったのは過去2回くらいしか経験がない。
以前は自然災害などで欠航した場合の返金などは空港内で現金の入った封筒を渡されて清算していた。
が、今回は違った。

ホームページを見てください、、というものだった。
その後はそのまま空港ターミナル到着のルートで外に出て終了。
非常に簡単な処理になったものだ。

そこで私は、新幹線で上京することに心を決め、博多駅に向けダッシュ。
のぞみ のチケットをゲット。
私の後ろには長蛇の列、切符売場のお兄さんが午前中はガラガラだったのですが、何かあったのですかねえ、、とほくほく顔で応対していた。

ということで、新幹線で上京する事になったのだが、列車で上京する事自体私は生まれて初めての出来事となった。
もう死ぬまでないなあと思って更新し続けた記録だったが、あっけなく終了してしまう事になった。
こうやって、思いもしなかった事が突然訪れることになった。

神から与えられた試練、前向きに受け入れ、その事実を享受しよう、と早速ビールとおつまみを入手。
列車の旅もいいなあ、、。

博多駅を出て5時間弱、新横浜へ到着。
地を走ってきたが、日本も狭いなあ、、とつくづく感じた。

飛行機だと12〜3時間のフライトなどは普通にあるので数時間座ったままには慣れているが、こんなに近いのかとつくづく実感。

神の試練もいい経験となった。



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0